【税理士の広告宣伝ノウハウ】反響の出る無料レポートの作り方とは?



お金のかかる広告宣伝。


費用をかけても、まったく成果が出なかった時ほど、テンションが下がることはありません。。。


私も、たくさんの税理士さんと、様々な集客方法をテストしてきましたが、もちろん、中には失敗に終わってしまったテストも、、、


逆に、驚く程にうまくいったテストもありました。


これから、広告宣伝に取り組むあなたには、私と同じ失敗はして欲しくはありません。


なるべく少ないテストで、なるべく早く、広告宣伝の成功パターンを確立して欲しいと思っています。


そこで今日は、成果につながりやすい広告宣伝ノウハウの一つとして、「無料レポートの作り方」をお伝えします。


多くの広告宣伝が失敗する理由・・・


まず、知って頂かなければならない現実があります。


それは、広告を見る人は、そのほとんどが、あなたのことを全く信用していないということです。


この現実を無視して、まだ、信頼関係の築けていない方に、広告でサービスを売り込もうとしても悲惨な結果が待っています。


もちろん、今すぐサービスを依頼したい方も一定数存在します。


しかし、ごくごく少ない数です。


マーケティングの世界では、「今すぐ客」のことを「顕在層」と呼びます。


この「顕在層」はマーケット全体のうちたった1%程度しかいないと言われています。


それなのに、信頼関係がまだ無い方に売り込むことしか考えていない「今すぐ客向けの広告」が世の中にあふれています。


今すぐ客はほんの少数しか存在しないというのに。。。


あなたは、こんな間違いは犯さないように、気を付けてほしいのです。


もしかしたら、顧問先の社長様も効果の出にくい、今すぐ客向けの広告宣伝をやってしまっているかもしれません。


実際、多くの中小企業の社長が、この事実を無視して、広告宣伝で失敗しています。


もし今日の内容が使えそうだと思ったら、ぜひ、顧問先の社長様にもシェアしてください。


きっと喜ばれると思います。


広告の目的を「すぐ売る」ことから、「見込み客を作る」ことへ


あなたが広告宣伝を行う最終的な目的は、顧客を獲得するためだと思います。


ただし、すぐ売ることを前面に押し出した広告をすると、広告宣伝の反応が出にくくなってしまいます


そこで、見込み客をつくることを広告宣伝の目的にするのです。


こちらの方が、最終的に顧客獲得できる成果も高くなります。

見込み客とは、あなたのサービスを買う可能性がある方で、あなたが連絡先を知っている方を指します。


見込み客を得るための一つの方法として、今回のタイトルにもある無料レポートを作り、相手の連絡先と引き換えに提供するという方法です。

無料レポートを広告宣伝すると、「今すぐ依頼したい人」はもちろん、「サービスに興味はあるがすぐには依頼しない人」「サービスにまだ興味は無いが悩んでいる人」まで、たくさんの属性の方に反応してもらうことができます。


見込み客になった方には、すぐメールや電話で無料相談の案内をし、今すぐ客に引き上げるためのアクションをしてください。

もし、無料相談に誘導できなかった場合は、継続的な情報提供で、見込み客に本当の課題を教えてあげたり解決の方法を伝えてあげたりお客様の声をシェアして安心させてあげたりし、関係性を作ります。

そうすれば、見込み客はあなたを忘れることなく、いざサービスが必要になったときに、あなたのところに相談に来てくれるようになります。

(じつは、難易度は高いですが今すぐ客を広告宣伝で集客する方法もあります。それはまた次の機会にご紹介させて頂きます。)

それでは早速、見込み客を作るために有効な無料レポートの作り方をご紹介していきます。


反応率の高い無料レポートの作り方


以下の、質問に順番に答えて頂くと、反応率の高い無料レポートの「タイトル」「目次」ができあがります。

「タイトル」と「目次」さえできあがれば、あとは中身を埋めるだけ。

「タイトル」と「目次」は言わば、レポートの設計図のようなもの。

設計図さえあれば、ゼロからレポートを作るよりも、ずっと早く、しかも、正しく、反応率の高いレポートが作れます。


【レポートタイトルのつけ方】


ー手順①ー あなたが最終的に売りたいサービスは、どんな人のどんな悩みを解決できますか? 3~5つほど候補を出し、その中から一つ選んでください。


ー手順②ー ①で選んだ悩みを解決するために、見込み客は何をすれば良いですか?どんな方法がありますか?


ー手順③ー その方法を取ると、見込み客はどんな理想の状態になることができますか?


ー手順④ー ①~③で記載して頂いたことを材料に、以下のタイトルを完成させて下さい。

①でお悩みの方のための ②して ③する方法


(例) 銀行融資に失敗したく無い社長のための 銀行のルールを知り 審査を有利に進める方法

もちろん、綺麗に型にあてはめて頂かなくても構いません。

現状の悩みと、悩みを解決した後の理想の状態を結びつける手段が、あなたの無料レポートでお伝えする方法(内容)だということを伝えることが目的です。


【目次の作り方】


相手に情報を伝え、興味関心を持ってもらい、行動に導いていくために効果的なフレームワークがあります。


それは、以下の4つの内容をこのままの順番に盛り込むことです。

目次①:なぜ、やる必要があるのか?

目次②:何をやればいいのか?

目次③:具体的なやり方は?

目次④:もしやったらどうなるか?

まず先に、例からみていきましょう。

例えば、レポートのタイトルが

銀行融資に失敗したく無い社長のための 銀行のルールを知り 審査を有利に進める方法

だったとします。

その場合の、レポートの目次をつくるとしたら、下記のようになります。

ー目次①ー 銀行融資に失敗してしまう社長の共通点 (なぜ、やる必要があるのか?)


ー目次②ー 銀行のルールを学び、審査を有利に進めよう (何をやればいいのか?)


ー目次③ー 銀行員が見てくる7つの審査ポイント (やり方はどうすればいいのか?)


ー目次④ー 銀行と良好な関係を築き、事業を継続発展させよう(もしやったらどうなるか?)

あとはそれぞれの目次の中身を埋めるだけで完成です。


それでは、実際に目次①~④を考えるためのワークを以下に記載させて頂きます。


目次①:なぜ、やる必要があるのか? を作るワーク


見込み客は、あなたがレポートで伝える内容を知らなければ(実践しなければ)、どんな良くない状態になってしまいますか?


良くない状態を回避することを、やるべき理由として記述しましょう。


目次②:何をやればいいのか? を作るワーク


①で示した良くない状態にならないよう、レポートのタイトルで示した方法がベストだと伝える文章を記述しましょう。


目次③:具体的なやり方は? を作るワーク


レポートのタイトルで示した方法、ノウハウについて、詳細に記述しましょう。


目次④:もしやったらどうなるか? を作るワーク


その方法、ノウハウを実践したらどんな良い状態になるか改めて記述しましょう。


さらに、派生して起こる良いことがあれば、それも記載しましょう。


実践した方の事例を記載することも効果的です。



実は、今回ご覧頂いているこの記事も、フレームワークに沿って作っています。


もしかしたら、あなたはもう気づいているかもしれません。

今、ご覧頂いているこの記事も、今回お伝えしている、

①なぜ、やる必要があるのか?

②何をやればいいのか?

③具体的なやり方は?

④もしやったらどうなるか?

というフレームワークに沿って、作成しています。

このフレームワークは、レポートを作る以外にも、セミナーの内容や、ブログ記事の内容を考える時にも有効です。

ぜひものにして、使いこなして頂ければと思います。


無料レポートを作り、コスパ最高な広告宣伝の仕組みを作ろう


無料レポートを作って、見込み客の獲得を目的に集客することで、広告宣伝の成果を最大限に発揮することができます。

しかも、同業の税理士さんの多くは、すぐ売り込んでしまう広告宣伝ばかり。

情報提供から始める、見込み客育成型の広告宣伝を行うだけで、同業の税理士さんとマーケティングの仕組みから差別化することができます。

あなたが広告宣伝するほどに、たくさんの見込み客リストができあがり、いずれあなたは見込み客にサービスの案内を送るだけで、お客さんを獲得できる状態になることもできます。

あなたはもう、信頼関係の築けていない人へ売り込みすることの難しさを理解し、売ることではなく、見込み客を見つけ、関係性を築く大切さを知っています。

今日の内容を知ったことで、あなたは既に、周りの税理士さんより、マーケッターとして有利な立場にいます。