紹介獲得にも効果あり!集客に効果のある税理士自己紹介ページの作り方



税理士さんの新規集客では、紹介獲得は欠かせない経路の一つです。


紹介された方は、事前に、「あなたがどんな人なのか?」「どんな事務所なのか?」をインターネットで情報収集することが当たり前となってきました。


そんな時に役に立つのが、自己紹介型(事務所紹介型)のセールスページです。


セールスページは、相手に特定の行動を促す宣伝のページです。


ゼマーケでは、あなたが狙いたい客層別に4つのセールスページを持って頂くことをお勧めしています。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

詳しくはこちら

そのうちの1つが、自己紹介型(事務所紹介型)のセールスページです。


自己紹介(事務所紹介型)セールスページでは、あなたの魅力を伝え、最終的に無料相談に申込んでもらうことをゴールに設計をします。


あなたが相手に自分の魅力を一生懸命語るよりも、相手から自発的にセールスページを読み込んでもらった方が、相手には魅力的に伝わります。


あなたが誰かに紹介してもらうとき、まずはこの自己紹介セールスページを相手に見てもらうようにすることをおすすめします。


自己紹介(事務所紹介)セールスページは、名刺や、メールの署名欄にURLを必ず記載しておきましょう


あなたはたくさんの名刺交換をしながら、自己紹介セールスページのアクセスを増やすだけで、自然と無料相談が入るようになってきます。


それでは、本日はあなたの魅力が正しく伝わる自己紹介セールスページの作り方をご紹介させて頂きます。


自己紹介(事務所紹介)セールスページに 盛り込むべき3つの文章


自己紹介セールスページの目的は、相手にあなたのサービスの良さを伝え、無料相談に申込んでもらうことです。


あなたの良さを伝え、見ている方からアクションを起こしてもらうには、以下の3つが必要です。


それが、


①あなたの(事務所の)肩書

②あなたの(事務所の)キャッチコピー

③あなたの(事務所の)プロフィール

の3つになります。


セールスページのイメージを掲載するとこんな形になります。





それでは、それぞれの内容について見ていきましょう。


肩書とは? 肩書を作るポイント


肩書とは、一言であなたの良さを伝える文章です。


あなたの独自性が伝わる文章であることが大切です。


作り方のポイントとしては


「あなたの得意分野①」×「あなたの得意分野②」×「税理士」


として頂くことです。


得意分野のヒントとしては、以下を参考にお出しください。


出した中から、2つ選びかけ合わせて頂くと良いキャッチコピーができます。


例業種介護、建設、大工さん、飲食店、など規模一人社長、10名以上、売上1億超 などエリア○○市、○○県、全国 などテーマ集客に強い、経営支援に強い、財務支援に強い、IT支援に強い など


キャッチコピーとは? キャッチコピーの作り方


キャッチコピーの目的は、相手の注意を引き、このあと出てくるプロフィールを読みたいと思わせることです。


キャッチコピーとは、30秒であなたのことを伝える文章になります。


あなたのキャッチコピーを作るには、まず、以下の5つの質問に答えてください。


そして②~⑤の答えを組み合わせて頂くと、魅力的なキャッチコピーができるようになります。



質問① まずは、あなたが理想とする お客様を想像してください


質問② あなたが理想とするお客様の 特徴、特性、属性を一言で言うと?


質問③ そのお客様は どんなことに悩んでいますか?


質問④ あなたは、どんな方法で そのお客様の悩みを解決しますか?


質問⑤ あなたがサポートした結果 お客様はどんな理想的な状態になりますか?


組み合わせ方は色々ありますが、いくつか例を記載させて頂きます。


【回答を組み合わせ、キャッチコピーを作る例】


「③」でお悩みの「②」様に、「④」を提供し、「⑤」を実現するサポートを提供しています。


「③」でお悩みの「②」様へ。「④」で、「⑤」を実現しませんか?


「②」の「③」を解決する「④」をご存じですか?「⑤」の実現をサポートします!


例として、以上の3つをあげさせて頂きます。


ぜひ、色々な組み合わせを試して頂き、魅力的なキャッチコピーを作ってみてください。


プロフィールの作り方


プロフィールは、1分~3分で伝える文章です。


あまたのプロフィールには、下記の①~⑤の要素を入れてください。



③-1 あなたの基本情報


あなたの出身地はどこですか?

あなたはどんな性格の人ですか?

あなたは仕事意外ではどんな価値観、特徴、嗜好を持っていますか?