税理士さんが「今すぐ客」を獲得するための有料サービスセールスページの作り方(テンプレあり)



ゼマーケでは、税理士さんが、WEBマーケティングを内製化される上で、4つのセールスページを用意して頂くことをお勧めしています。


詳しくは、下記の記事で解説しているので、よろしければ、合わせてご確認ください。

詳しくはこちら



4つのセールスページのうちの1つが、有料サービスセールスページです。


有料サービスは、顧客を創造するためのフロントエンドサービス(俗に言う集客サービス)と、バックエンドサービスという収益獲得用のサービスの2つに分けられます。


顧問サービスのセールスページよりも先に作るべきは フロントエンドサービスのセールスページ


税理士さんの場合バックエンドサービスは顧問サービスになることが多いと思います。


バックエンドサービス(顧問サービス)のセールスページを作り、アクセスを集めても、申し込みの確率は低いのでご注意ください。


顧問サービスはサービスの特性上、売るのが難しいサービスのため、別にフロントエンドサービスを用意する必要があります。


詳しくは、下記の記事にまとめておりますので、ご覧ください。

詳しくはこちら


顧問サービスのセールスページが無くても、入口サービスのセールスページさえあれば、ある程度集客はできてしまいます。


もちろん、顧問サービスのセールスページが無い方が良いというわけではありませんが、無くても集客をしていくことが可能です。


なぜなら、フロントエンドサービスを買ってくれた人に、サービス提供されていく中で、顧問サービスを直接提案すれば良いからです。


それでは、早速、有料サービスセールスページの作り方についてご紹介させて頂きます。


有料サービス セールスページテンプレート


それでは、有料サービスセールスページのテンプレートをご紹介します。


以下の各項目を埋めて頂くだけで、見ている人にサービスの必要性に気付いてもらい、魅力が伝わる設計になっています。





以上となります。


ぜひ、一つの型としてご参考ください。


もちろん、ご自身で内容をご変更頂いても構いません。

少しでもお役立て頂けますと幸いです。