税理士さんのためのSEO対策!速効ノウハウ12のポイント



税理士さんがホームぺージの集客を成功させるために、SEO対策は欠かせません。


あなたがホームページで作成したページが検索エンジンに評価され、

検索結果の1ページ目に掲載されることで、

「無料」でユーザーをサイトに集めることができるからです。


税理士さんは他の業種と比較して、文章力があり、記事を書くことが得意な方が多いです。


しかし、せっかく作成した記事も、検索エンジンに評価されるためのちょっとした工夫ができていないことで、検索結果への順位が低いまま、誰の目にも止まらない記事が散見されます。


「検索エンジンの評価」=「ユーザーの読みやすさへの工夫」


にもなりますので、本日ご紹介させて頂く内容をぜひ実践してみてください。


それでは、SEO対策に効果のある、簡単ですぐに実践できるノウハウを12個ご紹介させていただきます。




ー目次ー

1.ブログ記事の基本構成とは?

2.記事タイトルの付け方がとっても重要

3.記事を小見出しで分割!小見出しは目次としても利用

4.あなたが知るノウハウ・情報を出し惜しみせず書く

5.文字数は最低1,000文字以上、できれば2,000文字以上を目指す。

6.「リード文(序文)」と「まとめ」を必ず設けよう

7.画像の挿入や装飾を施そう

8.グーグルサーチコンソールに登録しよう

9.書いた記事の存在を、都度グーグルサーチコンソールで検索エンジンに報告しよう

10.時事性の強い記事とノウハウ記事 検索エンジンの評価の違い

11.メルマガやSNSで、書いた記事へのアクセスを募ろう

12.良質な記事を継続的にアップ!ホームぺージの評価が急激に上がる

まとめ


1.ブログ記事の基本構成とは?


まずは、SEO対策の基本構成についてご紹介させて頂きます。

下記をご覧ください。見出しと本文は1つのセットになっています。

だいたい3~5つの見出しと本文のセットを作成して頂くと、SEO対策で評価されやすい文字数に落ち着きます。


目次出しを行い、各見出しごとに作成することで、記事の制作がはかどります。


また、目次を掲載することで、ユーザーの見やすさが増し、検索エンジンに評価されます。


各見出しの後に、なるべく写真を入れることで、ユーザーの見やすさが増し、検索エンジンに評価されます。


まとめを設けることをおすすめしています。


検索エンジンは、タイトル、リード文、見出し、そして、まとめを重点的にみます。


本で良く見られる部分と、似ています。


「ブログのタイトル=本のタイトル」


「リード文=序文」


「見出し=目次・章タイトル」


「まとめ=まとめ」


これらに、上位表示させたいキーワードを入れることで、特に検索エンジンに評価されやすくなります。



2.記事タイトルの付け方がとっても重要


あなたがSEO対策したいキーワードをまず思い浮かべてください。


そのキーワードを必ずタイトルに含めましょう。


キーワードは、なるべくタイトルの最初の方に置くようにしましょう。


例えば、「東京 税理士さん」でSEO対策したい場合、


「東京の社長必見!税理士さん選びで失敗しないポイント○つ!」


のように設定するようのが良いでしょう。


そのほか、注意して欲しいことを上げていきます。



・タイトル内に、キーワードを2回以上使用しない


キーワードが2回以上出てくると、くどいタイトルになりがちで、ユーザーからも違和感を感じるタイトルとなる場合が多々あります。


意図的にキーワードを含めようとしていると検索エンジンに評価された場合、低い評価を得てしまうこともありますので、なるべく少ない文章内に、同じキーワードを複数回登場しないようにさせましょう。


これは、タイトルにも同じことが言えます。



・32文字以内にする


検索エンジンに表示されるタイトルは、だいたい25文字~32文字以内で表示されます。

それ以上の文字はタイトルに表示されないため、ユーザーからみて、一目では記事の内容がわかりにくいものになってしまいます。

・ユーザーが一目でページの内容がわかる、興味を持てるタイトルにする


検索エンジンは、クリック率(クリック数/表示回数)も評価の対象としています。

タイトルを工夫することで、クリック率を上げ、検索エンジンからの評価にも好影響を与えます。


わかりやすく、興味を持てるタイトルをつけることが大切です。


先ほど例で出した下記のタイトルと、


「東京の社長必見!税理士さん選びで失敗しないポイント○つ!」


例えば、下記のタイトルでは、


「東京での税理士さん選びのポイント」

前者の方が、「誰に読んで欲しいか」がわかるだけでなく、「何がわかるか」も明確で、わかりやすいタイトルです。このように、タイトルを工夫しましょう。



3.記事を小見出しで分割!小見出しは目次としても利用


検索エンジンは、ユーザーの滞在時間や直帰率も評価の要素とします。


小見出しをつけることで、記事の内容から得られる情報