2つの「あるものさがし」のすすめ

ー税理士さんのための業績UPメルマガー


いつも大変お世話になっております。

ゼマーケを運営するVFの山本です。


ネットを活用して効率的に

サービスやセミナーを集客する際


①「セールスページ」を用意する

②なるべく多くの人に見てもらう

(ブログ、メルマガ、SNS、WEB広告などご自身に合ったものを利用)


という手順をご案内しています。



今では

簡単にページが公開できる

素敵な時代なので



文章さえ書ければ

誰でも自由自在にネット集客が

できることになります。



その際、

肝となるセールスページの文章作成で

おすすめしているのが


「あるものさがし」


です。



ライティングで大切な2つの「あるものさがし」とは



セールスページでは


①「悩みの解決に役に立つ」

②「相手に意味がある」


の2つが伝わると

反応してもらえる確率(CV率)が

上がります。



そこでおすすめしているのが

2つの「あるものさがし」です。



◆1つ目のあるものさがし◆

「私たちは、あなたの悩み解決にどう役に立てるのか?」


まず、相手の悩みを具体的に想定することからスタートです。


悩みを引き起こす課題を特定します。


そして、課題解決に向けて


自分達が役に立てる・お手伝いできること


を文章で表現します。




◆2つ目のあるものさがし◆

「私たちは、あなたにどんな風に幸せになって欲しいのか?」



「意味」を辞書で引くと「価値。重要性。」とあります。


相手にとって、価値あること、重要なことは何のか?


多くの人にとって、その一つが「幸せになること」だと思います。


ただ、どんな状態が幸せかは人によって様々です。


この幸せの価値観がフィットすると

相手にとって意味が出てきます。



そこで、


サービスを通して

どんな風に相手に幸せになって欲しいのか


事務所様の考えを文章で表現し

盛り込んで頂くことをおすすめしています。



今日は、

「あるものさがし」という

テーマでお話をさせて頂きました。



事務所様の得意なことや方向性は様々で

それぞれの事務所様に合うお客様がいるはずだ


と思っています。



事務所様がよりフィットした

お客様と出会って頂くために


2つのあるものさがし


ぜひ、お試し頂ければと思います。