top of page

WEB集客したい中小企業様必見。コンテンツマーケティングのおすすめとポイント

更新日:2023年7月19日



 

ー目次ー








 

1.はじめに

1.1 中小企業にとってのWEB集客の重要性


中小企業にとって、WEB集客はビジネスの成長に欠かせない要素の一つです。


近年、インターネット利用者の急増により、企業が顧客にアプローチする手段としてWEBサイトやSNSなどのオンラインプラットフォームが注目を集めています。


特に、コロナウイルスの影響により、オフラインでのマーケティング活動が制限された中で、WEB集客の重要性は一層高まっています。



1.2 この記事でご紹介すること


本記事では、中小企業がWEB集客を成功させるために必要な基礎知識や具体的な戦略、SEO対策やユーザビリティの向上方法、コンバージョン率の向上方法、ウェブ解析の活用方法などについて解説します。


具体的には以下の内容を取り上げます。


・WEB集客の基礎知識

・中小企業におすすめのWEB集客戦略

・SEO対策のポイント

・ユーザビリティの向上方法

・コンバージョン率の向上方法

・ウェブ解析の活用方法

・まとめ


これらの内容を理解し、実践することで、中小企業のWEB集客がより効果的になり、ビジネスの成長を促すことができるでしょう。



2.抑えておきたいWEB集客の基礎知識

2.1 SEOとは何か。わかりやすく解説


SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンの検索結果で上位表示されるように、ウェブサイトの設計やコンテンツの最適化を行うことです。


具体的には、キーワードの選定やコンテンツの品質向上、内部リンクの設定、外部リンクの獲得などが挙げられます。



2.2 ユーザビリティとは?大事な理由


ユーザビリティとは、ウェブサイトの使いやすさやアクセシビリティなど、ユーザーが快適にサイトを利用できるかどうかの要素です。


具体的には、サイトの構造やナビゲーションの最適化、コンテンツの質の向上、レスポンシブデザインの導入などが挙げられます。



2.3 コンバージョン率とは何か


コンバージョン率とは、ウェブサイトを訪れたユーザーが、何らかの目的(購入、お問い合わせなど)を達成する確率のことです。


具体的には、サイトのコールトゥアクション(CTA)の最適化、フォームの最適化、レビューや口コミの活用などが挙げられます。



2.4 ウェブ解析どんな作業を指すのか?


ウェブ解析とは、ウェブサイトのアクセス状況やユーザーの行動を測定し、そのデータを分析してサイトの改善点を把握することです。


具体的には、アクセス解析やコンバージョン解析、ABテストなどが挙げられます。


これらの基礎知識を理解し、実践することで、中小企業のWEB集客がより効果的になり、ビジネスの成長を促すことができるでしょう。




3.中小企業におすすめのWEB集客戦略


3.1 コンテンツマーケティングを基礎に


コンテンツマーケティングとは、企業の商品やサービスを売り込むための広告ではなく、有益な情報やエンターテインメントなどのコンテンツを通じて、ユーザーとのコミュニケーションを図るマーケティング手法です。


中小企業においても、自社の専門分野に関する知識やノウハウを提供するコンテンツを作成することで、ユーザーの興味を引き、集客につなげることができます。



3.2 SNSを活用した集客でアクセス・ファン獲得


SNSを活用することで、中小企業でも効果的な集客が可能になります。


具体的には、Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなどのプラットフォームで、自社の商品やサービスを紹介することで、広く知られることができます。


また、コンテンツをシェアすることで、ユーザーの口コミやシェアによる情報拡散が期待できます。



3.3 短期間でアクセスが獲得できる検索広告


検索エンジンの検索結果上に表示される広告を利用することで、中小企業でも効果的な集客が可能になります。


具体的には、Google AdWordsやYahoo!プロモーションなどのプラットフォームを利用して、ターゲットとなるキーワードに対して広告を表示することができます。


検索広告は、短期間で効果を確認できるため、中小企業の集客には適した手法です。



3.4 メールマーケティングで集客安定


メールマーケティングとは、顧客に対してメールを送信し、商品やサービスの情報を提供するマーケティング手法です。


中小企業でも、顧客に対して定期的にメールを送信することで、商品やサービスについての情報を提供し、リピートや口コミにつなげることができます。


これらのWEB集客戦略を中小企業で実践することで、効果的な集客が可能になり、ビジネスの成長を促すことができます。




4.やって損は無いSEO対策のポイント


4.1 キーワードの選定


検索エンジンで上位表示されるためには、ターゲットとなるキーワードを選定することが重要です。


具体的には、競合が少なく検索数が多いキーワードを選定することが有効です。



4.2 コンテンツの最適化


キーワードを含めたコンテンツの最適化が必要です。


具体的には、タイトルやメタデータ、見出し、本文などにキーワードを適切に配置することがポイントです。


また、画像のファイル名やalt属性にもキーワードを含めることで、検索エンジンからの評価を高めることができます。



4.3 外部リンクの獲得


外部からのリンクを獲得することで、サイトの評価を高めることができます。


具体的には、業界の専門サイトやブログなどからのリンクを獲得することが有効です。


ただし、品質の低いリンクを獲得すると、逆に検索エンジンからの評価が下がることがあるため、注意が必要です。



4.4 モバイルフレンドリーなサイト作り


近年は、モバイル端末からのアクセスが増加しています。


そのため、モバイルフレンドリーなサイトを作成することが重要です。


具体的には、レスポンシブデザインを採用することで、PCやスマートフォンなど、様々な端末で表示が適切に行われるようにすることがポイントです。


これらのSEO対策を実践することで、検索エンジンでの上位表示を目指すことができます。


ただし、SEOは継続的な取り組みが必要であり、最新のアルゴリズムに合わせた対策が求められるため、常に情報を収集し、改善を行っていくことが大切です。




5.ユーザビリティの向上方法


5.1 サイトの読み込み速度の改善


サイトの読み込み速度が遅いと、ユーザーの離脱率が高まってしまいます。


そのため、サイトの読み込み速度を改善することが必要です。


具体的には、画像や動画などのファイルサイズの圧縮や、キャッシュ機能の有効化などが挙げられます。



5.2 レスポンシブデザインの採用


近年は、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末からのアクセスが増えています。


そのため、レスポンシブデザインを採用することで、様々な端末からのアクセスに対応することが重要です。


レスポンシブデザインとは、画面サイズに合わせて自動的にレイアウトが変化するデザインのことです。



5.3 サイトのナビゲーションの改善


サイトのナビゲーションがわかりにくいと、ユーザーが目的のページにたどり着くまでに時間がかかってしまいます。


そのため、サイトのナビゲーションを改善することが重要です。


具体的には、メニューやリンクの整理、ページ内のリンクの配置などが挙げられます。



5.4 見やすさ、内容の追加・修正・改善


サイトのコンテンツが質の高いものであれば、ユーザーの満足度が高まります。


そのため、コンテンツの質を向上することが必要です。


具体的には、情報の正確性や、文章の読みやすさ、画像や動画の質などが挙げられます。



5.5 フォームの見直し・改善


サイトにおけるフォームは、お問い合わせフォームや申し込みフォームなど、ユーザーとのコミュニケーションに重要な役割を担っています。


そのため、フォームの改善も重要なポイントです。


具体的には、フォームのレイアウトや、入力項目の最適化、エラーメッセージの改善などが挙げられます。


これらのユーザビリティの向上方法を実践することで、ユーザーの利便性を高めることができます。




6.コンバージョン率の向上方法


ウェブ集客において重要なのが、サイトのコンバージョン率です。


コンバージョン率とは、訪問者がサイト上で何らかの行動を起こす割合のことです。


例えば、商品購入や問い合わせなどの行動があります。


ここでは、コンバージョン率を向上するための方法を紹介します。



6.1 コンバージョンに興味を持たせるコンテンツ


コンバージョン率を向上させるためには、コンテンツの質を向上させることが大切です。


ユーザーが求める情報を提供し、商品やサービスの魅力を伝えるコンテンツを作成することで、訪問者の興味を引き付けることができます。



6.2 コール・トゥ・アクション(CTA)の設置


コール・トゥ・アクション(CTA)とは、訪問者に対して具体的な行動を促すボタンやリンクのことです。


例えば、「今すぐ購入する」や「お問い合わせする」などがあります。


CTAを設置することで、訪問者が求める行動を起こしやすくなり、コンバージョン率を向上させることができます。



6.3 なるべくフォームを簡略に


フォームの入力項目が多すぎると、訪問者が面倒くさくなってしまい、フォーム送信を諦めてしまうことがあります。


そのため、フォームの入力項目を最適化することで、フォーム送信率を向上させることができます。


必要最低限の情報だけを求め、それ以外は後から入力できるようにするなどの対策が有効です。



6.4 A/Bテストの実施で当たりパターンを見つける


A/Bテストとは、サイトのコンテンツやレイアウトを少しずつ変えながら、どのバージョンがより効果的かを比較する実験のことです。


例えば、CTAの色や位置、コンテンツの文言などを変更して、コンバージョン率を比較することができます。



6.5 ユーザーのニーズに合わせた提案


訪問者のニーズに合わせた提案をすることで、訪問者が求める行動を起こしやすくなります。


例えば、商品ページには関連した商品を表示するなどがあげられます。




7.ウェブ解析の活用方法


ウェブ集客を成功させるためには、ウェブ解析を行い、その結果を活用することが必要です。


ウェブ解析を活用することで、サイトの改善点を把握し、より効果的な施策を実施することができます。


ここでは、ウェブ解析の活用方法を紹介します。



7.1 ウェブ解析ツールの導入


ウェブ解析ツールを導入することで、訪問者の行動やデバイス、地域などの情報を把握することができます。


Googleアナリティクスなど、無料で使えるウェブ解析ツールもありますので、導入することをおすすめします。



7.2 コンバージョン分析


コンバージョン率が低い場合は、訪問者の行動を分析し、改善策を立てる必要があります。


コンバージョン分析を行うことで、訪問者が求める情報や商品、CTAの改善点などを把握することができます。



7.3 ページビュー数の分析


ページビュー数が少ないページがある場合は、導線が悪かったり、ページのタイトルや内容が魅力的でない可能性があります。


ページビュー数を分析し、改善点を把握することで、訪問者が求める情報を提供し、ページビュー数の増加につなげることができます。



7.4 ユーザー行動の分析


ユーザーの行動を分析することで、訪問者がどのような行動をしているかを把握することができます。


例えば、訪問者がどのページを見ているか、どのCTAをクリックしているかなどが分かります。


これらの情報を活用し、サイトの改善点を把握することができます。



7.5 スマートフォン対応の分析


スマートフォンからのアクセスが増えている場合は、スマートフォン対応の改善を行う必要があります。


スマートフォンからのアクセスに合わせた、レスポンシブデザインやモバイル専用ページの作成などの施策が必要です。


スマートフォン対応の分析を行い、改善点を把握することが重要です。



8.まとめ


中小企業がWEB集客を成功させるためには、ウェブサイトのSEO対策やユーザビリティの向上、コンバージョン率の向上、ウェブ解析の活用など、様々な施策が必要です。


以下に、中小企業がWEB集客を成功させるために必要なことをまとめます。


・ウェブ集客の基礎知識を押さえること。


・中小企業におすすめのWEB集客戦略を検討し、計画を立てること。


・SEO対策を行い、検索エンジンからのアクセスを増やすこと。


・ユーザビリティの向上に努め、ユーザーがサイト内での滞在時間やページビュー数を増やすこと。


・コンバージョン率を向上させるために、ページのデザインやコンテンツ、CTA(Call to Action)の最適化を行うこと。


・ウェブ解析ツールを活用し、サイトのアクセス解析や改善点の洗い出しを行うこと。


今後は、AI技術の進化によってより効率的なウェブ集客施策が求められるようになると予想されます。


また、スマートフォンの普及によって、モバイルフレンドリーなサイトへの対応がますます重要になっていくことも予想されます。


中小企業は、これらのトレンドに敏感に反応し、柔軟に対応することが重要です。




 

著者Profile

解説:山本雄幸

マーケティング支援の㍿VentureForward代表取締役。

元々は税理士様の集客支援からスタートし士業、コンサル業様のサポート実績多数。

税理士業界では累計3,000件以上の顧問先獲得を支援。

詳しくはこちら


Comentarios


bottom of page