超簡単!無料相談の「呼び名」を変えて反響UP

ー税理士さんのための業績UPメルマガー


いつも大変お世話になっております。

ゼマーケを運営するVFの山本です。



もし、ホームページに

無料相談を掲げていらっしゃるのなら


呼び名を変えて頂くことを

おすすめしています。



昔はどの事務所様も有料相談を掲げていたため

当時は「無料相談」がとても有効なオファーでした。



しかし今ではあたりまえのように

無料相談が掲げられています。




もはや相手からは


「無料相談は営業される場」

「アドバイスが受けられるのか不安」


警戒されている

思った方がいいでしょう。



そこで、無料相談ではなく

コンサルティングサービスとして

ライティングし直すことをおすすめしています。




「営業ではなく、あなたの悩み解決に向けて

一生懸命アドバイスするサービスの一環」



ということを伝える為です。




例を出させて頂くと



融資獲得コンサルティング


経理コストカット&効率化診断


円満相続コンサルティング


起業ロケットスタートコンサルティング


キャッシュリッチ診断&コンサルティング


補助金・助成金活用診断


節税・銀行対策コンサルティング



などです。




集客したい相手の悩みにあわせて

解決につながるアドバイスが受けられそう

思ってもらえるネーミングを考えます。


さらに、

相談に定価を設けて頂き

稀少枠に対して特別無料にすることも

とてもおススメです。



先着5名様まで9,800円が無料!

融資獲得コンサルティング


などです。



また、


オーダーメイド

マンツーマン

1on1

完全個別対応


などの言葉を添えて頂くと

さらに魅力が増します。



先着5名様まで9,800円が無料!

税理士によるマンツーマン

融資獲得コンサルティング



などです。



もう一つ大切なことがあります。

それは、相手がアドバイスを受けられる項目を

目に見える形にしてライティングして頂くことです。




例えば、


「融資獲得コンサルティング」なら



~このサービスであなたが受けられる内容は~


①ご希望額の融資を獲得するためのプランニング・シナリオ作りのアドバイス


②事業計画書のサンプルを用いた、計画書作成の具体的アドバイス


③具体的な融資獲得事例の共有とアドバイス


④融資に失敗してしまうNG対応のアドバイス


⑤ご相談者様に適した金融機関をアドバイス


⑥その他、ご質問に関する回答


といった形です。




普段、相談対応で

アドバイスしている内容を

箇条書きで示すだけで大丈夫です。




相手に価値がしっかり伝わるよう

ちょっとした手間暇をかけるだけで

成果に変化が出るのが

マーケティングの面白いところです。



無料相談を以上の手順で

コンサルティングサービス化して頂いたら

ホームページや、セミナー参加者へ提案する

入口オファーとしてご活用ください。



ぜひ、色々なネーミングで

試して頂けましたら幸いです!



追伸:


ゼマーケオンラインでは

12日で始めるネット集客実践講座を提供しています。


こちらも、ぜひご参考頂けますと幸いです。


私達と一緒に楽しくマーケティング活動を

進めてみませんか?

詳しくはこちら