最良の会計事務所運営:狩猟型か農耕型か?



こんにちは!


税理士専門業績UPメディアゼマーケを運営する山本雄幸です。

さて、早速ですが顧客なしでは事務所の運営はできませんよね。

マーケティングは顧客と先生の事務所を結びつける唯一の機能を果たします。


そう言った意味では、マーケティングは、事務所運営の中核と言っても過言ではありません。


そんな大きな役割のあるマーケティングですが大きく2つの種類があるのをご存じですか?

狩猟型マーケティング



農耕型マーケティング


です。


それぞれ、どんな特徴があるのか状況にあわせてどちらのタイプを採用するのが良いのか。


そして、わたしのおすすめについて解説していきたいと思います。


▼狩猟型マーケティング


「今すぐサービスをお願いしたい」という、「今すぐ客」の獲得に注力するマーケティングです。


お客になった数、売上を指標にします。


集客開始から売上獲得までの期間が短いため、すぐに売上が欲しい方におすすめです。


すぐに結果が出やすいため、同様のやり方を取る競合が増えやすいのも特徴です。


競合と比較検討されるのが当たり前のため、一定の営業スキルが必要です。


あなたの事務所の運営方針・考え方・価値観に日々触れている方では無いため、外から見えるサービス内容・価格だけが判断材料とされがちです。


そのため、今すぐ客集客の成功確率を上げるためには、サービス内容・価格について競合に負けない取引を提案し続けることが求められます。


1つの当たりパターンを見つけても、集客効果の寿命が短いため、常に新しい当たりパターンを探す必要があります。


▼農耕型マーケティング


あなたにとっての理想のクライアント像を立て、その方に喜んで頂けるような情報発信を通して、あなたのサービスの必要性をお伝えしていきます。

「そのうち客」の獲得と育成に注力するマーケティングです。


お客になった数、売上ではなく、あなたに興味を持ってくれ、情報を受け取ってくれる人の数の獲得に注力して事務所を運営します。


狩猟型と比べると、集客開始から売上獲得までの期間が長いのが特徴です。

結果が出るまでに時間がかかるため、同様のやり方を取る競合が少ないのが特徴です。


事務所の運営方針・あなたの考え方・価値観に共感して問合せをしてくれるため、営業スキルが低くてもお客さんが増えていきます。


継続して発信していくことと、押しつけにならない共感した情報発信をすることが必要になります。

集客の立ち上がりは遅いですが、集客効果の寿命が長続きします。


▼わたしのおすすめ


農耕型マーケティングを中心として導入し、狩猟型マーケティングは本当に必要な時のみにとどめておくことがおすすめです。


「今すぐ客」よりも「そのうち客」の方が市場のパイは大きいため、仕組みが回り始めた時の成果は農耕型マーケティングの方が大きいです。


また、農耕型マーケティングで、あなたの事務所に共感したクライアントを増やすことで、事務所の皆様の幸福度も上がります。


更に、強い結びつきの中での売上となるため、解約率が下がり、売上の質が上がります。


これから、農耕型マーケティングの細かいテクニックについてもお伝えしていきます。


今後のブログも楽しみにしてください。

記事の内容が気に入ったらいいねしよう!

無料の税理士業績UPメルマガを受け取る

メルマガの購読ありがとうございます