独立後の税理士の年収アップの秘訣。稼ぐ税理士が注力する3つのこと



本日ご紹介する内容は、事務所の経営に携わる税理士様(又は幹部の方)向けの内容となっております。


あらかじめご容赦頂けましたら幸いです。


務めていらっしゃる税理士様の場合は、本記事の内容を参考に、経営側の視点で改善案を所長に提案する等して頂くことで、キャリアアップなどが期待できるかと思います。

今回の内容はテクニックというよりは、考え方のご紹介となります。


考え方は、結果を獲得するために何にも優先して大事な要素ですので、ぜひご参考頂けましたら幸いです。


やることの多すぎる税理士事務所経営


事務所の経営に携わる税理士さん(又は幹部の方)にとって、

日々、やらなければいけないこと、考えなければいけないことが多すぎて、何に集中すべきかわからなくなってしまう、、、

と、悩んでしまうことはよくあることだと思います。

これまで、たくさんの税理士さんをお手伝いし、お話をお伺いさせて頂く中で、稼ぎ続けている税理士さんほど、シンプルに、明確に優先すべきことを絞っています。

今日は、そんな稼ぎ続ける税理士さんはいったい何に集中しているのか?についてご紹介させて頂きます。


事務所に入ってくるお金を増やすには?


事務所にこれから入ってくるお金、いわゆる売上ですが、以下の式でおおかた説明することができます。

事務所にこれから入ってくるお金(売上)= ①客数 × ②客単価 × ③継続率

※もし税務・会計顧問業務をメイン業務としておらず、スポットだけのお仕事に特化している税理士さんは③をリピート率と言い換えて頂ければと思います。

稼ぎ続ける税理士さんはこのことを良く知っています。

そして、①、②、③に効果のあることを最優先に時間とお金を投資します。

具体的には

①客数 → 新規集客

②客単価 → 単価アップ

③継続率 → 解約率の改善

です。


新規集客、単価アップ、解約率の改善に集中すれば収入は上がっていく


税理士さんがご自身の収入を上げていこうと思ったら、やるべきことは凄くシンプルです。

それは、新規集客、単価アップ、解約率の改善に、より時間とお金を投資することです。

稼ぎ続ける税理士さんほど、この3つに集中できる環境を築こうと努力します。

時間を確保するために、3つ以外のことに関わる時間を減らす、関係の無い業務をしない、他人に任せるなどします。

そうしなければ、今の収入が続かないことを良く知っています。

現在のクライアント全てが、このまま続くことは無いことを理解しているからです。

そして、新規集客、単価アップ、解約率の改善はすぐに結果がでるものでは無いことも理解しています。

だから、何よりも先んじて取り組み、種をまき、収穫を待ちます。


数字で把握できるから安心できる


稼ぎ続ける税理士さんは、新規集客、単価アップ、解約率の改善に関する数字を常に確認し、今よりもっと良くするために考え続けます。

運に任せず、頑張ってコントロールしようとします。

そうすることで、成功(ご自身の収入アップ)の確率を上げることができると信じているからです。

数字で把握できるから、予測も立てられるし、対策も立てられるし、よって、事務所の未来に安心できます。


コントロールしようとすることの大切さ


稼ぎ続ける税理士さんはコントロールできることは、頑張ってコントロールしようとします。

世の中の情勢はコントロールできませんが、自分が何に時間とお金を使うかはコントロールできます。

だから、稼げる税理士さんは、新規集客、単価アップ、解約率の改善にかける時間とお金をコントロールしようとします。

そして、全ての要素に再現性を求め、結果についてもコントロールが及ぶように努力します。

再現性のある集客策を探し、新規集客をコントロールするよう努力し


再現性のある単価アップ策を探し、平均単価をコントロールするよう努力し


再現性のある解約防止策を探し、解約率をコントロールするよう努力する


ことで、稼ぎ続けられるようにしています。



あなたも、新規集客、単価アップ、解約率の改善に注力してみませんか?


ゼマーケでは、税理士事務所の業績を左右する、「新規集客」「単価アップ」「解約率の改善」に役立つ情報やアイデアを日々発信しています。

ぜひ、他の記事もご覧頂き、貴事務所の事務所経営にお役立て頂けますと幸いです。

更に、実践の後押しとなる研修各種もご用意しております。

メールマガジンの中で、募集しておりますので、もし、メールマガジンの購読がまだのようでしたら、ご登録頂けますと幸いです。

タグ:

記事の内容が気に入ったらいいねしよう!

無料の税理士業績UPメルマガを受け取る

メルマガの購読ありがとうございます