top of page

ツイッター集客をわかりやすく解説!コツや成功例をご紹介【初めて利用する企業様、個人様向け】



個人でも、企業でも、簡単に情報発信できるツール、それがツイッターです。

おそらく、ツイッターの集客に興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今日はツイッターの集客の特徴や流れ、ポイントについて、わかりやすくご紹介させて頂きます。

 

ー目次ー








 



1.集客媒体としてのTwitterの特徴


ツイッターは、140文字以下の短いメッセージを投稿できるSNSの1つであり、多くのユーザーが利用しています。


企業や個人が、自社や自身の情報を多くの人々に伝えるために、ツイッターを活用することがあります。


このように、ツイッターを利用して集客することを「ツイッター集客」と呼びます。


ツイッターを使った集客のメリットとしては、多くのユーザーが利用していることが挙げられます。


ツイッターには、日本国内だけで4,000万人以上のユーザーがいます。


そのため、自社や自身の情報を多くの人々に伝えることができる可能性が高いです。


また、投稿がリアルタイムであるため、急な情報発信やイベント告知などにも適しています。




2.Twitter集客のメリットとデメリット



2-1.Twitterのメリット


2-1-1.多くのユーザーにアプローチできる

ツイッターは、世界中に多くのユーザーが利用しているSNSの1つです。


企業や個人がアカウントを持ち、投稿を行うことで多くのユーザーにアプローチすることができます。


また、投稿にハッシュタグを活用することで、より多くのユーザーにアプローチすることができます。


2-1-2.簡単に情報を発信できる

ツイッターは、140文字以下の短い文章で情報を発信することができます。


簡潔な文章で情報を伝えることができるため、多忙なビジネスパーソンやユーザーにも手軽に情報を届けることができます。


2-1-3.リアルタイムな情報の伝達が可能

ツイッターは、リアルタイムな情報の伝達が可能なSNSの1つです。


最新の情報を迅速に発信することができるため、イベントの告知や新商品の情報を発信する場合にも効果的です。



2-2.Twitterのデメリット


2-2-1.投稿の寿命が短い

ツイッターの投稿は、投稿後しばらくするとタイムラインから消えてしまいます。


そのため、継続的に投稿することが必要であり、1回の投稿で効果を出すことは難しいとされています。



2-2-2.ユーザーが多いため、埋もれやすい

多くのユーザーが利用するツイッターでは、1日に数多くの投稿がされます。


そのため、自分の投稿が埋もれてしまい、多くのユーザーに届かないことがあります。



2-2-3.情報の過剰流通による情報過多

ツイッターは、リアルタイムな情報発信が可能なため、多くのユーザーが同時に情報を発信することがあります。


そのため、同じ情報が多数のユーザーから発信され、情報過多になることがあります。


また、情報の信頼性が低い場合もあるため、情報の適切な判断が求められます。




3.Twitterの運用に必要な基本的な知識


3-1.アカウントの作成

まずは、ツイッターアカウントを作成することが必要です。


アカウント名は、企業名や商品名、キャッチコピーなどを考慮して設定しましょう。


また、プロフィール欄には、企業や商品の説明、ホームページのURL、SNSのアカウント情報などを記載しておくことが大切です。



3-2.コンテンツの投稿

ツイッター上でのコンテンツの投稿が集客には欠かせません。


企業や商品の魅力を伝える投稿や、ユーザーに対して有益な情報を提供する投稿など、多様なコンテンツを投稿しましょう。


また、定期的な投稿が重要です。


投稿のタイミングや頻度も、ユーザー層に合わせて考慮することが大切です。



3-3.ハッシュタグの活用

ハッシュタグを活用することで、投稿をより多くのユーザーに見てもらえるようになります。


ツイッターでよく使われるハッシュタグや、関連するハッシュタグを調べて、投稿に適切に活用しましょう。


ただし、無関係なハッシュタグを付けることは避けるようにしましょう。



3-4.リツイートやいいね!の活用

リツイートやいいね!を活用することで、投稿が多くのユーザーに拡散されやすくなります。


リツイートやいいね!を呼びかける投稿を定期的に行うことで、ユーザーの参加を促しましょう。


以上が、基本的なツイッター集客の方法です。これらの方法を継続的に行うことで、より多くのフォロワーを獲得し、集客効果を上げることができます。



4.Twitter集客のコツとポイント


4-1.視覚的な投稿をする

ツイッターは、画像や動画を投稿することができるため、視覚的な投稿をすることが重要です。

目に留まりやすく、多くのユーザーにリーチしやすくなります。



4-2.ハッシュタグを活用する

ハッシュタグは、自身の投稿にキーワードを付けることで、関連するユーザーにリーチすることができます。

ツイッターでよく使われるハッシュタグを調べ、適切なキーワードを付けることが重要です。



4-3.ツイートの時間帯を考慮する

投稿する時間帯によって、リーチするユーザー数が変わるため、ツイートの時間帯を考慮することが重要です。

例えば、通勤時間帯や休憩時間帯など、多くのユーザーがツイッターを利用している時間帯に投稿することが有効です。



4-4.ユーザーとのコミュニケーションを大切にする

ツイッターは、リアルタイムでコミュニケーションを取ることができるため、ユーザーとのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

リプライやDMでのやり取りなどを通じて、ユーザーとの信頼関係を築くことができます。



4-5.定期的な投稿をする

ツイッターは、投稿の寿命が短いため、定期的な投稿をすることが有効です。

自社や自身の情報を定期的に発信することで、ユーザーに定着しやすくなります。




5.Twitterフォロワーの獲得方法


5-1.フォロワーになって欲しいターゲットを明確にする

まずは、フォロワーになって欲しいターゲットを明確にしましょう。

企業や商品に関心があるユーザーや、同じ業界に関心があるユーザーなど、獲得したいフォロワー層を設定しておくことが大切です。



5-2.フォロワーになって欲しいユーザーをフォローする

まずは、自分からフォローすることで、フォロワーになって欲しいユーザーにアプローチしましょう。

フォロワーになって欲しいユーザーがフォローしているアカウントを調べ、そのアカウントをフォローすることで、フォロワーになって欲しいユーザーとの接点を増やすことができます。



5-3.ハッシュタグを活用する

前述したように、ハッシュタグを活用することで、投稿が多くのユーザーに見てもらえるようになります。

獲得したいフォロワー層が使っていそうなハッシュタグを調べ、投稿に適切に活用しましょう。



5-4.コンテンツの質の向上

コンテンツの質を高めることで、フォロワーになって欲しいユーザーにアピールすることができます。

企業や商品の魅力を伝える投稿や、ユーザーに対して有益な情報を提供する投稿など、質の高いコンテンツを定期的に投稿することが大切です。



5-5.キャンペーンやプレゼント企画を行う

キャンペーンやプレゼント企画を行うことで、フォロワー獲得を促すことができます。

企業や商品に関連した商品やサービスをプレゼントすることで、ユーザーの関心を引きつけることができます。

これらの方法を継続的に行うことで、より多くのフォロワーにつながります。




6.ツイッターを使った企業の成功事例や失敗例の紹介


ここでは、イメージがつきやすいよう、大きな会社の例をいくつかご紹介させて頂きます。


6-1.実際に成功した企業の事例


6-1-1.インスタントラーメン「カップヌードル」


カップヌードルは、ツイッター上でユーザーからのツイートにリアルタイムに応える「即レス」戦略を採用し、多くのフォロワーを獲得。

特に、ユーザーのツイート内容に応じて自動生成される返信ツイートが話題となり、バズることでさらなるフォロワーの増加につながりました。



6-1-2.アパレルブランド「GU」


GUは、ツイッター上で独自のキャンペーンを展開することで話題を集め、注目を集めました。

具体的には、人気アイテムを「いいね!」した数に応じて割引クーポンがもらえる「GUいいね!キャンペーン」を実施し、多くのユーザーが参加。これにより、GUのフォロワー数が急増し、オンラインストアの売上にも大きく貢献しました。



6-2.失敗したケースや注意点


6-2-1.コンビニエンスストア「セブンイレブン」

セブンイレブンは、ツイッター上でのマーケティング戦略が失敗し、批判を浴びました。

具体的には、Twitterでの企業アカウントから、「アイスクリームおごります!」という投稿を行いましたが、この投稿に対して多数のツイートが寄せられ、中には「お金を払ってほしい」といった批判的な意見も相次ぎました。



6-2-2.自動車メーカー「トヨタ」

トヨタは、ツイッター上での広告出稿を行いましたが、その広告が不適切な表現や誤字脱字などがあったことから、炎上する事態になりました。

このように、企業がツイッターを利用する際には、広告や投稿内容について慎重に検討する必要があることが示されました。



7.ツイッターの効果測定方法


ツイッターを利用した集客を行った場合、その効果を正確に測定することが重要です。


以下に、ツイッター集客の効果測定方法について解説します。



7-1.HPのアクセス解析ツールの活用する

自社のウェブサイトにアクセス解析ツールを導入することで、ツイッターからのアクセス数やコンバージョン数を測定することができます。

Google Analyticsなど、無料で導入できる多くのアクセス解析ツールが存在します。



7-2.クーポンコードを利用する

ツイッターからのアクセス者に対して、クーポンコードを発行することで、そのクーポンコードが利用された数を測定することができます。

この方法は、ツイッターからのアクセス者が実際に商品を購入する場合に有効です。



7-3.ツイートのエンゲージメント数を測定する

ツイッターでは、ツイートの反応数(リツイート数やいいね数など)を測定することができます。

これらの反応数が多い場合、多くのユーザーにリーチし、効果的な集客ができたと考えられます。



7-4.ツイートからの問い合わせ数・コンバージョン数を測定する

ツイッターから問い合わせやコンバージョン(申込)があった場合、それを集計し、その数を測定することができます。

この方法は、ツイッターからの問い合わせ数が多い場合、ツイッターを通じた集客が効果的であることを示します。




8.まとめ


この記事では、ツイッターを利用して、自社の商品やサービスを宣伝し、集客を行う際に使える機能を始め、ポイントやメリット、デメリット、成功事例、失敗事例についてご紹介させて頂きました。

また、効果測定の大切さや、測定の方法について簡単にご紹介させて頂きました。

本記事を参考にして、自社に適したツイッター集客の方法をぜひ見つけて頂けましたら幸いです。


Comments


bottom of page