税理士さんにおすすめ!コンサル業界の集客方法とは?

ー税理士さんのための業績UPメルマガー

いつも大変お世話になっております。 ゼマーケを運営するVFの山本雄幸です。 「社長に満足してもらおうとすると しっかり顧問料を頂かなければならない。 しかし、思ったような顧問料で契約できない…」 このようなお悩み、きっとお持ちではないでしょうか。 その解決策としておすすめしているのが 「相手にサービスの価値を理解してもらう仕組み」 です。 ここで参考にして頂きたいのが コンサル業界です。 彼らは 必需でも無く、無形という 売るのが難しいサービスを売るために ・悩み解決の必要性 ・悩み解決の価値 ・悩み解決の方法がサービスを受けること を理解してもらうことに労力を割き 契約を勝ち取ります。 これは税理士業界でも 活用可能な仕組みです。 よくあるのが 目新しいサービスを探し・導入したり 新しい支援スキルを習得すれば お客様が増えるのではないかという誤解です。 今のようにサービスがあふれる時代では 特定のサービスを取り扱えば バカ売れ間違い無しというものは ほとんどありません。 むしろ 目新しくはない税務・会計顧問サービスでも 価値や意味が相手に理解してもらえれば 適切な顧問料で契約して頂けます。 といいますのも 弊社の会員様が既に実証済みで 例えば顧問料という点で言えば 個人事業を中心に獲得されていて 個人の顧問料の平均が年30万円以上 という税理士様もいれば 新設法人の顧問料の平均が年50万円以上 という税理士様もいます。 また、 既設の法人から100万円以上の案件を 継続的に獲得し続ける方もいます。 もし、顧問料の単価にお悩みでしたら それは相手にその価値が伝わって いないだけかもしれません。 その解決策として 日々の情報発信に ・悩み解決の必要性 ・悩み解決の価値 ・悩み解決の方法がサービスを受けること というポイントを取り入れて頂くと これまでと違った客層との出会いや 受注率UP、単価UPにつながる可能性があります。 ぜひ、実践頂けましたら幸いです。 追伸: 私なりの方法をまとめたものになりますが 実践のステップをまとめた資料7月末まで無料公開しています。 よろしければ、こちらもぜひ ご覧頂けましたら幸いです。

詳しくはこちら